ホルモンバランスを整えPMS等にも効く薬「プレフェミン」はすごい

プレフェミンは、日本で唯一のPMSに効く薬として知られています。もちろん、医薬用医薬品は除きますが、プレフェミンは日本ではじめて承認されたPMS治療薬なのです。
有効成分であるチェストベリー乾燥エキスを含み、スイスやオーストリアなどの多くの国では一般用医薬品として使用されています。

プレフェミンは、PMSの主な症状である、乳房の張り、頭痛、イライラ感や怒り、抑うつ気分、肌荒れ、疲労倦怠感、腹部膨満感、睡眠障害(眠気)、不眠などの改善率が78.2~90.7%という数値を示しています。

この症状改善率は、プレフェミンを3周期分服用した場合のものなのですが、プレフェミンを継続して服用することで、精神的症状も、身体的症状も両方を改善する高い効果があるのです。
臨床実験では、月経1周期分でプレフェミンの服用をやめた場合でもPMSの症状の改善効果を感じた人が多く、3周期分服用をした女性の約90%が症状が改善したと答える結果となりました。

PMSにいい代表的なサプリメントには、ホルモンバランスを整える成分が求められます。それだけではなく、PMSのつらい症状を抑えてくれる成分も必要です。

PMSにいい代表的なサプリメントをいくつかご紹介いたしますと、たとえば「HINA」というPMSサプリメントであれば、女性ホルモン様物質である有機植物エストロゲンや、ホルモンバランスを整えると言われるハーブがバランスよく配合されています。

「イブニングプリムローズ」というサプリメントには、月見草の種子からとった良質なオイルが含まれていて、母乳などに含まれる貴重な脂肪酸「γ(ガンマ)-リノレン酸」を摂ることができます。生理前の肌荒れや吹き出物への効果が期待できます。

他にも、口コミなどで評判のよいものとして、ザクロのしずく、極上クリル、ビリーフ ピクエース、女性のミカタ~やすらぎ編~・~すこやか編~、ピクノジェノール エクセレントプラスなどのサプリメントがPMSに効くという声があります。