美味しく食べて美人になる!美容おやつの選び方

おやつと自撮りする女性イラスト

美容に興味のある女性は、基礎化粧品やコスメの他、日々の生活習慣にも気配りをされていると思います。ストレスをうまく軽減しつつ、ウォーキングやヨガなどの軽運動を定期的に行い、バランスのとれた食事をとることは、心身の健康と美容に欠かせない要素でもあります。

ところで、特にダイエットを志す女性からは、憎き仇敵のように敬遠されてしまいがちな、「おやつ」あるいは間食。この習慣は、トータル視点で食生活を眺めた時にバランスがとれてさえいれば、特に禁忌というわけではありません。

むしろ前述した「生活のストレスをやわらげる」というところで効果的に働きますので、美容おやつは積極的にとって良いケースもあります。

さてその美容おやつですが、選び方が肝心です。問答無用で避けるべきは、いわゆるコンビニスイーツや、洋菓子店で購入できる生菓子の類。脂肪分や糖分が多すぎますので、特別な機会にとっておきましょう。

和菓子の類はややローカロリーで、あんこなど美容によい食材を使っていますが、やはり白砂糖を多く使ってもいるので、ほんの少し食べる態度にとどめましょう。

普段の美容おやつにおすすめしたいのは、精製糖を含まずにミネラルや食物繊維などがたっぷり入った、ドライフルーツの類です。

よく噛んで食べると腹もちがよく、少量で大きな満足感が得られますのでおススメです。同様にナッツも栄養価が高く美容おやつ向きですが、こちらはカロリーが高く、ついつい食べ過ぎてしまうと逆に肌荒れが増長されてしまったりする傾向もありますので、数粒ほどを目安にしましょう。

もう少ししっかり食べたいな、という方には、全粒粉を使ったパンに蜂蜜などをのせたり、食事の際に小さなおにぎりを作りおきしておくのもおススメです。お菓子作りが趣味の方なら、きび砂糖や全粒粉など、こだわり原料を使った手作りのお菓子も良いですね。

■美容おやつの効果的なとり方とは

次に美容おやつのとり方ですが、もちろんむやみに食べては逆効果です。朝の10時および午後の3時はいわゆるおやつの時間として、保育園などで軽いものを食べる習慣があります。

これは各食事の中間点で、ちょうど小腹のすいた感じがストレスになる頃であり、またその後の食事に響かない時間帯として合理的です。何かを食べるのであればこれらの時間帯を厳守するようにし、それ以外は飲み物を飲む程度で済ませましょう。

美容おやつは食べすぎないよう、あらかじめ食べる分量を容器やお皿に分けておくのが効果的です。小腹がすいていても、一気に食べてしまうとさらに食欲が出てしまいますので、たっぷりの飲み物と一緒にゆっくり時間をかけて食べましょう。

お仕事や勉強の息抜きとして、家族や同僚とのんびりおしゃべりをしつつリラックスして食べるのが、ストレス解消の観点からも理想です。

このように、美容おやつは単に「小腹を満たす」だけでなく、「ストレスを解消する」「食事にプラスして栄養を補給する」というコンセプトを持つことで、十分に健康効果の高い行動になります。お気に入りの美容おやつを美味しく食べて、さらに健康的に美しくなれればグッドですね。

また、カロリーコントロールと栄養補給を両立するならサプリメントの摂取も効果的。特に太りやすいおやつの代替としては非常に役立ってくれます。

世にダイエットサプリはあふれていますので、どれがいいかは情報サイトなどを参考にして決めるのがいいでしょう。下記のサイトは分かりやすく纏められてておすすめですよ。