美味しく食べて美人になる!美容おやつの選び方

おやつと自撮りする女性イラスト

美容に興味のある女性は、基礎化粧品やコスメの他、日々の生活習慣にも気配りをされていると思います。ストレスをうまく軽減しつつ、ウォーキングやヨガなどの軽運動を定期的に行い、バランスのとれた食事をとることは、心身の健康と美容に欠かせない要素でもあります。

ところで、特にダイエットを志す女性からは、憎き仇敵のように敬遠されてしまいがちな、「おやつ」あるいは間食。この習慣は、トータル視点で食生活を眺めた時にバランスがとれてさえいれば、特に禁忌というわけではありません。

むしろ前述した「生活のストレスをやわらげる」というところで効果的に働きますので、美容おやつは積極的にとって良いケースもあります。

さてその美容おやつですが、選び方が肝心です。問答無用で避けるべきは、いわゆるコンビニスイーツや、洋菓子店で購入できる生菓子の類。脂肪分や糖分が多すぎますので、特別な機会にとっておきましょう。

和菓子の類はややローカロリーで、あんこなど美容によい食材を使っていますが、やはり白砂糖を多く使ってもいるので、ほんの少し食べる態度にとどめましょう。

普段の美容おやつにおすすめしたいのは、精製糖を含まずにミネラルや食物繊維などがたっぷり入った、ドライフルーツの類です。

よく噛んで食べると腹もちがよく、少量で大きな満足感が得られますのでおススメです。同様にナッツも栄養価が高く美容おやつ向きですが、こちらはカロリーが高く、ついつい食べ過ぎてしまうと逆に肌荒れが増長されてしまったりする傾向もありますので、数粒ほどを目安にしましょう。

もう少ししっかり食べたいな、という方には、全粒粉を使ったパンに蜂蜜などをのせたり、食事の際に小さなおにぎりを作りおきしておくのもおススメです。お菓子作りが趣味の方なら、きび砂糖や全粒粉など、こだわり原料を使った手作りのお菓子も良いですね。

■美容おやつの効果的なとり方とは

次に美容おやつのとり方ですが、もちろんむやみに食べては逆効果です。朝の10時および午後の3時はいわゆるおやつの時間として、保育園などで軽いものを食べる習慣があります。

これは各食事の中間点で、ちょうど小腹のすいた感じがストレスになる頃であり、またその後の食事に響かない時間帯として合理的です。何かを食べるのであればこれらの時間帯を厳守するようにし、それ以外は飲み物を飲む程度で済ませましょう。

美容おやつは食べすぎないよう、あらかじめ食べる分量を容器やお皿に分けておくのが効果的です。小腹がすいていても、一気に食べてしまうとさらに食欲が出てしまいますので、たっぷりの飲み物と一緒にゆっくり時間をかけて食べましょう。

お仕事や勉強の息抜きとして、家族や同僚とのんびりおしゃべりをしつつリラックスして食べるのが、ストレス解消の観点からも理想です。

このように、美容おやつは単に「小腹を満たす」だけでなく、「ストレスを解消する」「食事にプラスして栄養を補給する」というコンセプトを持つことで、十分に健康効果の高い行動になります。お気に入りの美容おやつを美味しく食べて、さらに健康的に美しくなれればグッドですね。

また、カロリーコントロールと栄養補給を両立するならサプリメントの摂取も効果的。特に太りやすいおやつの代替としては非常に役立ってくれます。

世にダイエットサプリはあふれていますので、どれがいいかは情報サイトなどを参考にして決めるのがいいでしょう。下記のサイトは分かりやすく纏められてておすすめですよ。

【参照サイト】サゲサゲサプリ!コレステロール・中性脂肪などを下げるサプリは

小林製薬「命の母A」ってどんな薬?女性の健康にどれだけ役立ってくれるの?

命の母A

小林製薬から発売されている女性保健薬「命の母」は、更年期・PMSをはじめとした女性特有の症状に効果があるサプリメントとなります。「命の母A」は特に40~50代女性に起こりやすい更年期に対する諸症状の改善、「命の母ホワイト」は特に20~40代女性に起こりやすいPMSに対する諸症状の改善を目的としています。

「命の母A」「命の母ホワイト」ともに和漢生薬+ビタミン類が配合されています。和漢生薬とは、和薬・漢方薬を複合した名称であり、漢方医学をベースとした考え方になります。漢方医学では、「血・水・気」という3つの調子が良い状態を健康な状態と考えます。すべては血の巡りであり、健康のためには血流を良くするということにも繋がります。

命の母Aでは、13種類の生薬が配合されています。「血」の巡りをよくするために、ダイオウ・センキュウ・コウカといった駆瘀血薬の成分が配合されています。「水」の巡りをよくするために、ソウジュツ・ブクリョウ・ゴシュジュの利水薬の成分が配合されています。

「気」の巡りをよくするために、ケイヒ・コウブシの気付薬(元気をだす)、カノコソウの鎮静薬(気持ちを落ち着かせる)、人参の補気薬(胃腸を元気にする)の成分が配合されています。そして去痰・鎮嘔・鎮吐作用のあるハンゲを配合しています。

また、更年期の症状とは多岐にわたりますので、身体全体の調子を整えていくために不足しがちな成分を配合しています。新陳代謝・疲労回復・抗酸化作用など血液の流れに欠かせないビタミンや、骨を丈夫にするカルシウム、代謝を促すタウリンをバランス良く取り入れています。

漢方薬では、体質などの「証」で必要な処方をしていきますが、命の母Aでは三大婦人用漢方薬をベースに、どのタイプでも合うような成分のオリジナル配合です。

命の母Aは一週間分84錠で700円、三週間分252錠で1800円、五週間分420錠で2600円、十週間分840錠4700円という展開をしています。お試しで購入してみるのにも購入しやすい価格設定だと思います。

ドラッグストアやアマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングをはじめとしたインターネット通販で気軽に購入できるのも続けやすいかもしれませんね。小売店それぞれでの値引きやキャンペーンなどをしていますので、お買い得な時にまとめ買いしてもOKです。

和漢薬とは、西洋医学で用いられる薬とは違い、即効性はないものですが、確実に体内から身体を健康な状態へ導いてくれます。人間が本来持っている自然治癒力のチカラにはたらきかけ、少しずつ機能を向上させていくことを目的としています。

そのため、もしどうしても今、とても症状が辛く日々の生活に支障が出る様な状態であれば、婦人科への受診をしてしまった方が改善効果は早く出ます。但し、PMSに関しては決定的な原因や治療法が確立していないため、対症療法であると言えます。

少し症状が落ち着いたら、医師と相談の上、和漢薬などでの体質改善を目指した方が長期的には良いかもしれません。

小林製薬「命の母A」公式ページ

サトちゃん・サトコちゃんでおなじみ|サトウのチェストツリーとは・・・?

サトウのチェストツリー

サトちゃん・サトコちゃんでお馴染みの佐藤製薬からのPMSサプリメント「サトウチェストツリー」です。チェストツリーにビタミンB6、カルシウムを配合したシンプルなサプリとなっています。1日あたり4粒で、チェストツリーエキスパウダー2.86m配合です。

チェストツリーとは、ヨーロッパでは2000年以上の歴史をもち「女性のためのハーブ」とされています。PMSをはじめ、月経不順、無月経などの婦人科系疾患、特に黄体ホルモンの減少に伴う不調に効果があるとのことです。ヨーロッパでは、治療薬としての認可もされているハーブです。

チェストツリーは、即効性のある薬とは違うので、めやすとしては3カ月程度の継続服用がおすすめです。PMSや月経不順・無月経の人を対象とした研究結果のデータによると、3か月後の効果実感は90%以上という高い数値を出していますので、効果があるのは間違いないと思われます。

PMSなどによる症状は、月経前後の黄体ホルモンの分泌・減少が原因とされています。多過ぎても、少な過ぎても調子が悪くなってしまうのです。チェストツリーには、黄体ホルモンの分泌を促す効果とともに、女性ホルモンのバランスを整えるという効果があります。

また、チェストツリーに含まれる脂肪酸、フラボノイド、アルカロイドといった成分もホルモンバランスを整える効果をもち、PMSの症状への緩和作用があります。また、ニキビの改善にも効果がありますので、ニキビや吹き出物で悩んでいる場合にもおすすめです。

PMSで悩んでいる場合に、婦人科受診という手段も有効ではあります。しかし、どうしても薬での治療というのは、常に対症療法であると言われています。今ある症状に対する緩和、解消です。しかし、チェストツリーのサプリメントへの期待は、体質改善です。

自分自身のコントロールのサポートを目指しています。とても症状が重く、辛くてたまらないなどの場合にはまずは婦人科で即効性の治療をおすすめしますが、少し落ち着いている状態であれば効果は遅行性ではありますが、ハーブなどによる体内のからの自然治癒力の向上、サポートなどを目指した方が身体的な負担は少なく、身体にも優しいと言えるでしょう。

また、薬とは違い副作用などがあまりないことも良い点ではないでしょうか。

「サトウチェストツリー」は、ドラッグストアなどでも手軽に購入のできるサプリメントです。サプリメントコーナーか、女性向けのコーナーに置いてあることが多いのではないでしょうか。また、アマゾンや楽天市場・ヤフーショッピングなどのインターネット通販サイトでも購入ができます。

140粒(1日4粒・35日分)で2950円(税抜)となっています。小売店などによっては、値引き販売などもしていますので、キャンペーンなどを利用して購入すると良いかもしれません。1日あたり約84円で、チェストツリーの製品としては比較的安価なラインになっていると思います。

チェストツリーというものの効果を試してみるには、お手頃な価格かもしれませんね。

佐藤製薬「サトウチェストツリー」公式ページ

女性の悩みの種PMSのやっかいな症状とは?

月経の2週間~1週間前から起きるPMS(月経前症候群)。多くの女性が悩まされていますが、原因はまだはっきりしておりません。排卵から生理前に分泌される黄体ホルモンの影響と考えられていますが、ビタミンやミネラルの欠乏もまた、原因もしくはPMSを悪化させる要因と考えられています。

pms

よってPMS対策として、ビタミンやミネラルが豊富に含まれる食べ物の摂取を心掛けることは、大変有効です。

お勧めの食べ物としては、特に排卵期に減少するビタミンB6を多く含む食品です。まぐろ・いわし・鮭・肉類・レバー・ニンニクがこれにあたります。

またカルシウムとビタミンDの投与により、PMS症状が改善されたという報告もあり、これらを多く含むチーズや小魚も良いでしょう。いずれにしろPMSの時期は、バランスの悪い食事を避け、健康的な食生活を心掛けることが一番大切です。過度の空腹やお酒・タバコ・甘いものの摂りすぎもPMSを悪化させます。ダイエットや嗜好品は、PMS中は控えめにしましょう。

排卵から生理前に分泌される、黄体ホルモンの影響と考えられているPMS(月経前症候群)には、病院で処方される低用量ピルが効果的です。しかしこちらが使用できない、もしくは抵抗がある方は効果が穏やかな漢方薬を試されると良いでしょう。

良く使われる漢方薬としては以下のものがあります。

・加味逍遥散(かみしょうようさん)…精神的な症状が重い場合
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)…冷え症、貧血、腹痛、頭痛、動悸
・抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)…攻撃的になるイライラ

 

しかしこれらの漢方薬を使う場合は、医療機関に受診し処方してもらうことが大切です。漢方には人の体力や病に対する抵抗力を「証」というものさしで分類し、それぞれに合った薬を処方するという考え方があります。シッカリ筋肉質で体力が充実している人を「実証」、細く体力がない人を「虚証」、その中間が「中間証」です。

他にも様々な基準があり、素人判断は良くありません。漢方薬も最近は保険診療が効き、安心です。

ホルモンバランスを整えPMS等にも効く薬「プレフェミン」はすごい

プレフェミンは、日本で唯一のPMSに効く薬として知られています。もちろん、医薬用医薬品は除きますが、プレフェミンは日本ではじめて承認されたPMS治療薬なのです。
有効成分であるチェストベリー乾燥エキスを含み、スイスやオーストリアなどの多くの国では一般用医薬品として使用されています。

プレフェミンは、PMSの主な症状である、乳房の張り、頭痛、イライラ感や怒り、抑うつ気分、肌荒れ、疲労倦怠感、腹部膨満感、睡眠障害(眠気)、不眠などの改善率が78.2~90.7%という数値を示しています。

この症状改善率は、プレフェミンを3周期分服用した場合のものなのですが、プレフェミンを継続して服用することで、精神的症状も、身体的症状も両方を改善する高い効果があるのです。
臨床実験では、月経1周期分でプレフェミンの服用をやめた場合でもPMSの症状の改善効果を感じた人が多く、3周期分服用をした女性の約90%が症状が改善したと答える結果となりました。

PMSにいい代表的なサプリメントには、ホルモンバランスを整える成分が求められます。それだけではなく、PMSのつらい症状を抑えてくれる成分も必要です。

PMSにいい代表的なサプリメントをいくつかご紹介いたしますと、たとえば「HINA」というPMSサプリメントであれば、女性ホルモン様物質である有機植物エストロゲンや、ホルモンバランスを整えると言われるハーブがバランスよく配合されています。

「イブニングプリムローズ」というサプリメントには、月見草の種子からとった良質なオイルが含まれていて、母乳などに含まれる貴重な脂肪酸「γ(ガンマ)-リノレン酸」を摂ることができます。生理前の肌荒れや吹き出物への効果が期待できます。

他にも、口コミなどで評判のよいものとして、ザクロのしずく、極上クリル、ビリーフ ピクエース、女性のミカタ~やすらぎ編~・~すこやか編~、ピクノジェノール エクセレントプラスなどのサプリメントがPMSに効くという声があります。